« 新潟市薪ストーブ・ピザ窯出張展示イベント | トップページ | 春の陽気で煙突工事 »

2016年3月17日 (木)

鉄道開業1周年イベント 薪ストーブ出展報告とビス1本に拘る煙突工事

もぉ木曜日…。

3月12日(土)に北陸新幹線開業に伴い信越本線より分離され誕生した、
えちごトキめき鉄道開業1周年記念イベントに出展しました。

Image


Image_2


Image_3


Image_4


Image_5

ハースストーン ヘリテイジとシェルバーンをトラック側面に展示し、後部でピキャンバロッサに火を入れ
オーブンで焼き芋と料理屋さんの店主が天板で焼きおにぎりを焼き、
多い時は会場内をぐるっと回るほど長蛇の列が出来ました。

Image_7


Image_8


Image_10


Image_11

その他、催し物や展示・販売・体験などがあり、天候にも恵まれ思っていたより人の入りが多かったです。


そして、先週10日に東京ビッグサイトへ今年も建築建材展と店舗総合見本市のJAPAN SHOPを観に行ってきました。


Image_12


Image_13


地方にいてはなかなか得ることのできない情報や新しいものなどに触れることができ、新鮮さを得れるイベントです。

ここのところはイベント主催や出展者側が続いているので、観に行く側になり丁度いい気晴らしにもなりました


今回持ち帰った情報の一つです。
Image_14


上のビスが近くの金物屋などで手に入るステンレスのタッピングビスです。
下が今回観てきて今後使用する高耐久の特殊ステンレス鋼のタッピングビスです。

写真では分かりにくいですが先端のドリル部がわずかに大きく鋭くなっているので
下穴無しでも厚みの有る材にも途中で切れずに打ち込める強度と耐久性・耐食性のあるビスです。

Image_15

ネジ・ボルト・ビス業界も常に進歩し続けているとの事です。


見た目は全くと言っていい程変わらないので、「 他社とは違い打つビスにもこだわっています!」っと言われても何のことだかという感じですが
気候風土に合った耐久性・耐食性を持ち、細部の仕上がりも美しい国産煙突及び煙突部材を使用し、
ビス1本にもこだわることで結果、安心・安全に繋がると考えています。

自社での経験や事例はもちろん、日本暖炉ストーブ協会に上がる全国の事例も共有すると共に
様々な方面にも常にアンテナを張っていきたいと思います。

スタッフ 勝

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 新潟市薪ストーブ・ピザ窯出張展示イベント | トップページ | 春の陽気で煙突工事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新潟市薪ストーブ・ピザ窯出張展示イベント | トップページ | 春の陽気で煙突工事 »

無料ブログはココログ

ウェブページ