カテゴリー「煙突」の記事

2017年6月20日 (火)

山に響くストレートシャー

山の中で森林浴しながらの工事wrench
グッドライフ上越_新潟県_上越市_薪ストーブ_暖炉_煙突_工事_山_響く_ストレートシャー_薄い金属板_切断_板金工事_便利_道具


グッドライフ上越_新潟県_上越市_薪ストーブ_暖炉_煙突_工事_山_響く_ストレートシャー_薄い金属板_切断_板金工事_便利_道具

山に響くストレートシャー

グッドライフ上越_新潟県_上越市_薪ストーブ_暖炉_煙突_工事_山_響く_ストレートシャー_薄い金属板_切断_板金工事_便利_道具


グッドライフ上越_新潟県_上越市_薪ストーブ_暖炉_煙突_工事_山_響く_ストレートシャー_薄い金属板_切断_板金工事_便利_道具

薄い金属板をくるくるのコイルをはき出しながらカットします。

板金工事の時にあると便利な道具です。

スタッフ 勝
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年8月 3日 (水)

煙突工事 技術・資格・補償

既存屋根への煙突工事です。

グッドライフ上越_新潟県_上越市_暖炉_薪ストーブ_既存屋根_煙突工事_内径φ200mm煙突_急勾配屋根_13寸勾配_板金雨仕舞い_煙突壁貫通工法_日本暖炉ストーブ協会_認定技術者_専門資格者_工事補償_暖炉薪ストーブ保険

グッドライフ上越_新潟県_上越市_暖炉_薪ストーブ_既存屋根_煙突工事_内径φ200mm煙突_急勾配屋根_13寸勾配_板金雨仕舞い_煙突壁貫通工法_日本暖炉ストーブ協会_認定技術者_専門資格者_工事補償_暖炉薪ストーブ保険_2

今回はいつもの煙突より一回り大きい内径φ200mmの煙突工事です。

更に屋根勾配が13寸。
急勾配で煙突径も大きいので特注の雨仕舞部材が非常に多きいです。


工事については、煙突の位置出しはもちろん、屋根の開口、下地補強、板金雨仕舞と全て自社で行います。

責任回避の人任せ仕上ではなく、責任もってトータルで工事を行います。
なので、それぞれの職人を勢揃いさせる必要が無く、その手間を省く為の “とりあえず壁貫通”にはなりません。
煙突の壁貫通工法は主に最終手段です。


そして、日本暖炉ストーブ協会認定技術者(暖炉・薪ストーブ専門資格者)が工事を行い、より安心してご依頼頂けるように企業総合賠償責任保険「ビジネスプロテクター」に加入し、工事補償を備えております。
人様の財産に手を加える以上、必要な技術と補償です。

スタッフ 勝

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年7月13日 (水)

薪ストーブ煙突部材の梱包

昨日は壁貫通工事でした。


個人的な諸事情で現場に出ての工事が久しぶりで、今日はぐっだり…です。

グッドライフ上越_暖炉_薪ストーブ_煙突工事_国産煙突_壁貫通工事_梱包_高額商品_工事店_施行者_新潟県_上越市_妙高市

そして、少々煙突の梱包について。


現在、使用している国産煙突のメトスチムニーが入ってくる箱は、

厚みがあってカチッとしている硬い段ボールに入ってきます。


更に、長い煙突部材は横からの衝撃や輸送中に中で動かないように仕切りで

箱の真ん中に固定されていたりと、非常に良い梱包の煙突です。

グッドライフ上越_暖炉_薪ストーブ_煙突工事_国産煙突_壁貫通工事_梱包_高額商品_工事店_施行者_新潟県_上越市_妙高市_3

なので取付け時にもキズを付けてしまったり、手で持った手跡も極力付けない様に

内部煙突・外部煙突と関係なく最低限の部分だけをめくって煙突工事を行います。

グッドライフ上越_暖炉_薪ストーブ_煙突工事_国産煙突_壁貫通工事_梱包_高額商品_工事店_施行者_新潟県_上越市_妙高市_2_2

グッドライフ上越_暖炉_薪ストーブ_煙突工事_国産煙突_壁貫通工事_梱包_高額商品_工事店_施行者_新潟県_上越市_妙高市


煙突やその他部材もメーカーによって様々です。
部材を一個一個梱包して個々の箱に入ってくるものから、

これは高額商品の扱いなのか?ってものなど。。
工事店や施行者しかほとんど見ない部分ですが、気になることが

少々あったので (´・ω・`)。


あと、iPhoneのパノラマ撮影を手がプルプルした状態で撮ったので

サイディングがブレブレです (;´・ω・)/~/~camera


スタッフ  勝

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年10月14日 (水)

煙突工事

焚いてますflair

Image_3


昨日の煙突一次工事wrench

Image


雨仕舞い部材が特寸の異形でしたが無事納まり、現場の進み具合に合わせ、続きはまた後日wrench


そして、本日のAMwrench

Image

本体設置工事。
ドブレ640CBJですjapanesetea

そして、PMは別件の煙突工事でいたwrench


Image_2


Image_3

夕暮れの早さをひしひしと感じるようになりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スタッフ 勝

2015年10月11日 (日)

薪ストーブ × 電気工事

工場裏から見た夕焼け空です。
キレイでしたshine
Image_3

昨日、電気を使用して強制的に排気する チムニーファンRS-9を既存煙突に設置しましたwrench

Image


山型の角トップ内にファンを取付けました。

Image_2


通常ないものなので違和感がありますが、電源線とジャンクションボックスです。

煙突は他社施工のものです。
縁あって本体を入れ替えさせて頂きましたが、
色々と排気に対し良くない条件が重なり、煙の逆流が起きてしまい対策として設置を行うことになりました。


Image_4

後付けなので配線やスピードコントローラは露出になりましたが、誰が身でも良いように納まりは何事にも頑張ります。
性格上やっつけ仕事は気持ち悪くで嫌なので。

電気に対しても有資格で行っていますwrench

煙突の一部加工もありましたが、
段取り良く動き、
半日で“終わらせる”のではなく、
半日でしっかり“仕上げ”ましたsun

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スタッフ 勝

2015年10月 9日 (金)

RS-9 排気ファン

Image_3

暖炉や薪ストーブで効率的に暖を取るためには、
計画上、安全性を一番に置き、
安定的な煙突効果など様々な点を考慮しなければなりません。

しかし、幾つかの条件が重なり、安定的な煙突効果をつくることができない場合などで
最終手段的に用いることがあるのが 電気によって強制的に排気する 排気ファン。

電源を必要として燃焼させるので、出来ることなら自然な上昇気流を使いたいですが
いろいろ対策を考えましたが今回は排気ファンを用いるのが得策との判断になりましたjapanesetea


Image_4


煙突の先端出口に取り付け、スピードコントローラーで排気を調節しますwrench
↑は工場にて検品と通電テストflair

スタッフ 勝

2015年10月 8日 (木)

煙突改修工事

薪ストーブ煙突改修、やり変え工事wrench
グッドライフ上越_新潟県上越市_暖炉_薪ストーブ_煙突改修工事_煙突やり変え工事_煙突雨仕舞い改修_日本暖炉ストーブ協会安全基準_安全離隔距離_メンテナンス性の良い煙突_煙突の解体_良い天気


薪ストーブ本体を残し、長年お使いの煙突の解体を行いましたwrenchwrench

良い天気だったので屋根の上でぐるっとcamerashine

煙突雨仕舞いの改善と日本暖炉ストーブ協会基準の安全離隔距離の確保とメンテナンス性良い煙突工法になります。

スタッフ 勝

2015年10月 2日 (金)

壁貫通工事

本日は、壁を貫通して外部を煙突が立ち上がら壁貫通工事を行いましたwrench

グッドライフ上越_新潟県上越市_暖炉_薪ストーブ_設計施工_煙突工事_壁貫通工事_薪ストーブ設置_新築住宅_ドブレ640CBJ


朝のうちは雨でしたが途中から雨も上がりサクッと完了sun
グッドライフ上越_新潟県上越市_暖炉_薪ストーブ_設計施工_煙突工事_壁貫通工事_薪ストーブ設置_新築住宅_ドブレ640CBJ_2


内部はまた後日wrench

スタッフ 勝

2015年7月16日 (木)

高原工事

工事がだいぶまとまってきたので
昨日、チャーター便で工事部材が入ってきましたwrench

事故、ケガ、不備等が絶対ないよう、忙しいからこそ慎重に動きますε=┌( ・д・)┘


そして、蒸し暑い上越を脱出し、比較的涼しい高原へ工事に行ってきましたsun
Image

日差しは強いものの、風は全然上越とは違い爽やかでした (=´Д`=)ゞ

今回は、一部屋根の改修工事と煙道囲い製作も含めた工事を行っています。

Image


Image_2

木々を抜ける夕日sun
森の中での工事です。

Image_3


Image_4


Image_5


Image_6

現場の片付けをしながらちょいちょい見てましたflair

日の長いこの時期に現場で真っ暗。

完全に出る前に山を下りましたjapanesetea

スタッフ 勝


2015年7月10日 (金)

煙突掃除

薪ストーブ・暖炉のメンテナンス及び煙突掃除にこれまでに設置させていただいた客様宅へ伺っています。

先月は、工事などと並行し、メンテナンスは40件ほどでした。
日程・時間調整にご協力頂きありがとうございました。

Image

性能・品質を守り、安全に永くお使い頂くためには、定期的な点検メンテナンスが必要ですwrench

5月にこれまでに設置させていただいたお客様宅へ(今年の春以降設置を除く)、メンテナンスのご案内をお送りさせて頂きました。


ご予約頂いているお客様へは、各地域ごとにまとめさせて頂き、メンテナンスに伺っています。

地域によってはお待たせしている地区もありますsweat01

日程調整をし、確実にご連絡し伺います。

ご予約の連絡は早めにお願い致します。

Image


ご自身での点検メンテナンスを希望される方は、お使いの薪ストーブ・暖炉の機種、煙突の工法に合わせた作業手順と必要な道具の種類と数量をご説明させていただいていますsun

薪ストーブの構造を理解し、焚き方の結果が出る煙突を見て頂くことで、良けれは続け、改善が必要であれば今後の使い方と薪作りの参考になればと考えていますflair

スタッフ 勝

より以前の記事一覧