カテゴリー「薪ストーブ煙突工事」の記事

2022年7月28日 (木)

煙突までが遠い屋根

既存屋根への煙突据え付け一次工事です。

447e60510716404e82813a3a1fa48c9b

大きな建物で煙突の所までが遠いです。

画像で写っている建物は、全体の半分ほどでL形にまだ倍あります。

2d66bf1afed64662b1da122e34f00d98

しっかりと板金雨仕舞をさせていただきました。

 

A787aca1b67e4c3d819761e6aaaf6dcd

 

2台設置させていただくので、もう一か所は施工前準備の造作を行いました。

体育館みたいに広い空間です。

 

9ff6e153d2cb47698b04b14ace9d74c3

 

 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月16日 (土)

煙突改修 薪ストーブ設置工事

長野県信濃町にて薪ストーブの煙突全改修及び薪ストーブ本体の入れ替え工事をさせていただきました。

5b9c00265efb43ef84465744b0ba1b46

8614c95a08564b20be181b212944d316

E27f807fdccc4b5583117bb2d1c9a9ca

煙突貫通部の木部は煙突に非常に近く、マットタイプの断熱材が煙突に接触しており、ビニールが溶けているなど危険な状態でした。

 

0ecb13e693d44d3c96b571048ff8b225C021fa0b1b684f02b13219eac8ce1a5268fce0343e494e11824fb289db9f3921

33807c8b51534a99b9347421cb2c0571

3581c279cce64df0b08d57ce8f8998d9








スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月14日 (木)

壁貫通煙突工事

新潟県上越市清里区にて煙突工事をさせていただきました。

51f3dbdb7a434f67af8f97410347892e

1b170cee148640748a5f165b043c8821

外壁工事前に貫通部の造作・下地入れと防水処理へ伺っていたので

この日は外部の煙突据え付け工事です。

98b43553baad464b94ae0fa415f9b5a4

 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月 4日 (月)

早い夏にも負けず

一足早い夏の到来により、

連日の暑さにも負けず工事に走り回っています。

E581d46b3e9345f0ba7bfaab98a6367e

工事車両の荷台ゲートは、グラインダーを構えた姿勢に合わせて好きな高さに変えられる作業台になります。

支持金具などがしっかりと固定も出来るので、現場でも安全かつきれいに加工ができます。

 

A5a967c7d4c4450b8dc53021e2f1b749

C7edea0b7a0e429997587cb7a4740ccf
刃を用途に合わせて交換し、切断からバリ取り、面の磨きを行い、ビズ穴を新規に開け、補修塗装を行います。

038a8db503d94ccb873fb451d753f2fb

E9f53353d2494992bbaf8ef432508994

破風板から勾配上の金具脚が飛び出ていると美しくないので、勾配に合わせ一手間の加工でした。

 

 

夏は汗を流してなんぼと思っていましたが、今年から空調服を導入しました。

5e0ec22636c24068910c57d77e6bca68

 

何気にファンは限定色です。

F40ebf3588e34033a334d2b5b54e9df8

炎天下の屋根上作業でも安定して作業が出来ます。

こんなに違ったとは。。

 

 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年6月24日 (金)

急勾配と

新潟県弥彦村にて屋根上一次工事へ伺いました。

12寸勾配です。

 

1c81253b16b3470fbe81b300e86830aa

D59164ba8e82416a8e4974dd0b389ab6

不思議と慣れた勾配になってきましたが、下から見上げると屋根が壁の様にも見えます。

 

 

 

 

春以降、怒とうの工事の連続で身動きが全く取れず、お待たせしてしまっている工事や製品の納品遅れなど

一部お客様へは大変ご迷惑をお掛けしております。

 

大変遅れが生じておりますが、確実にお伺いをさせていただきます。

 

 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月13日 (金)

既存住宅薪ストーブ設置工事

新潟県上越市中郷区にて既存住宅へ薪ストーブ設置工事をさせていただきました。

Cc251e0880b745e3a9ae7729050058b6

8f4b427aca674e2b984710ebcdc096bb


 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月 2日 (土)

屋根の上で広々快晴煙突板金工事

新潟県柏崎市にて煙突工事を行いました。

屋根上への昇り降りが大変なので、自社ユニックで屋根の上へ部材や道具一式の荷揚げを行いました。

C7a0e121e93a4b138981baa06e0c1c98

この日の前日は、泊まり込みで雨の中45°勾配の屋根に2日間へばり付いて工事を行った翌日だったので、快晴で勾配の緩い屋根の工事ということもあり、改めて見返すと道具散乱しすぎです。

前日は急勾配で道具を置く事もできず、身体を保持するので精一杯だったのでその反動です。

66fa6019f4bb4668b3ae9af44de21b04

アングルバッタも屋根へ上げてその場で折りながら行いました。

 

道具など全てユニックで荷を下ろし、屋根上をしっかり掃除をして完成です。

10e33644fc1e4c75abbb61646244b373



スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年3月19日 (土)

雪害復興工事

しばらく更新を放置してしまいました。

 

先日の雪害復興工事の様子です。

9221f96f77bd4f1f91dc5e6d2b93a093

2階建ての大工さんの作業所が屋根までそのまま雪に埋まり、煙突が曲げられてしまいました。

 

ピーク時に比べればかなり少なくなりましたが、車から下ろしたハシゴを立て掛けて置ける程、まだ背丈を超える積雪でした。

1週間前の写真です。

C0192cdded2e478eadb5e2b3a2ee4615

C88b19670ef94ac19508c4d9a2a50ad2

73785ec7365548deb19f4c4e6f25f197

ハシゴは雪に1m程ささっているので、ハシゴの根もとが動いて倒れる心配は全くありませんでしたが抜くのが大変でした。

109b7dbe04c6435cb41fa35076a63b43

積雪が5・6mの地域にお住まいのお客様も多いです。

積雪7m 記事 記事にある妙高市両善寺地区周辺だけでも10件程お客様が居られます。

妙高市をはじめ、十日町市・津南町・南魚沼市など有数の超豪雪地でも多く施工をさせていただいております。

 

異常を発見した場合は、使用を中止し、ご連絡をお願い致します。

 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月19日 (土)

内装屋さんごめんなさい。な現場

先日の屋根上一次工事です。

新築現場で室内足場が組まれた吹き抜けの天井です。

Bf0e245b729946a790333654a31fb6df

内装屋さん、ほんとごめんなさい。って感じです。

普段は下記画像の様に天井から煙突を出さず終わりにしておいて、内装工事完了後に下へ延長します。

7919e51826164ecd989e53cff940dc07

1枚目の画像は諸事情により、やむなく天井より下へ一次工事時点で出してしまいました。

 

投稿者自身、弊社別事業でクロス工事をするので、天井などから「こんなもの」が出ていたらすごく邪魔です。

少なからず、意識や手間を持っていかれます。

6a61c7ed0ac5453f8bf462a2e41e9986

  ↑ 先日の弊社の現場です。糊付け機も弊社所有のものです。

 

 

よく他の業者さんでまだボード下地の状態にもかかわらず「次ぎ来たら吹き抜けの足場が無いかもしれない」などという理由で、化粧板を付けたりしている画像を目にすることがあります。

 

工程を完全に無視して自分のことしか考えていないんだなぁ~っと思います。

 

更には、上記の現場の状態で化粧板だけではなく室内へ煙突を延長して壁にサポートを付けているのは、あきれるほどひどい工事だと個人的には思ってしまいます。

 

 ↓ 普段は煙突にカッターを当てても良い様に段ボールで養生をして現場を離れますが、自社の現場で自分自身がクロスを張る予定だったので糊あと防止程度の養生です。

D81e13ae1acf4efe9b490404e0a01b39

これだけが壁から出ているだけでも “ 邪魔 ” です。

 

多くの化粧板は、厚みがないのでクロスを張る際に “ 地ベラ ” を当てても厚みのあるクロスだと定まらず、

カッターが逃げて化粧板に乗ってしまったり、隙間が開いてしまう可能性が高くなります。

 

そこは職人の技術でしょ!って思うかもしれませんが、何もなければ秒で終わり、クロスの上から化粧板を付ければ済む話です。

 

黒い煙突部材はクロスの糊跡が付きやすくとても目立ちます。

工程を守らないストーブ屋が悪いですが、糊跡が出て責められるのは内装屋さんです。

 

電気屋さんは、コンセントやスイッチプレートは内装工事後に取り付けます。常識です。

なぜかストーブ屋は、内装工事前に器具を平気で付けてしまいます。

 

ヘルメットも被らずに屋根の上での工事写真でアップしたりと、いろいろと不思議な業界だと思います。

 

スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

2021年12月13日 (月)

壁貫通煙突工事

新潟県南魚沼市にて煙突工事をさせていただきました。

E2cb21de481e471bb20addebe720bcb5

5da5e2ef4dc743ca9701ea27ed7dcb5d

50fc8cc08c6f44399cd4f8bc6b4fe7440f0a31443e4a4ab7b67194ef59bcf3d9

貴重な晴れ間工事でした。


スタッフ 勝

 

 

Img_1884_2
にほんブログ村

Hp

Img_1883_2

Img_1890

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧